もしも「夜」が訪れたら


#1

普段見えている景色が一変して闇に包まれる異常性は、ストレスと興奮の両方を目覚めさせてくれるはずです。
中身の分からない箱に腕を入れる時の不安と勇気に似ています。
そういうイベントもあれば面白いなと思いました。


#2

そうです。


#3

暗闇の中でも明るくなる松明とか電気とか限定でクラフト出来るみたいなイベントだったら面白いかもしれませんね。(´∀`*)


#4

夕方になったら食料をかき集めて1ヶ所に集まり、夜になったら焚き火の周りで夜が明けるのを皆で待つみたいなのはなかなかロマンがありますね
(* ̄ー ̄)
まあやるにしても永遠の街イベントとかで限定的になるとは思いますが…


#5

例えば、昼を5分、夜を5分、を設定したとした場合、あの世界では1分ごとに1年が過ぎるので、5年間の昼と夜が続くと現実世界で置き換えると異常な白夜と極夜が起きるといった


#6

不可解な現象が起きるでしょう。